本文へスキップ

おすすめリスト一覧

会社側がしておきたい防災対策


防災というと、家族や自信の身を守ることが中心であると思われがちですが、実はそれだけではありません。もちろん災害発生時に最も大切なのは自分の命を守ることです。その備えは十分にしておかなくてはなりません。

しかし、ある程度落ち着いてくると、シビアな現実が待っています。働かなくては収入が断たれ暮らしていくことが出来ません。お勤めをしている人は、
出勤し働かなくてはなりません。

休業

ところが、従業員と連絡がつかなかったり、取引先との連絡手段がわからなかったり、通常とは異なるトラブルが発生することも少なくありません。

そのために企業側としては、災害時にどのような方法で従業員と連絡を取るのか、取引先への対応はどうするのかなど予め決めておくことが重要になります。

当然、電話回線や携帯、スマートフォンはあまりあてになりません。従業員が自宅にいるとは限りませんし、どこに避難しているかを把握することは難しいでしょう。

そのために、災害時にも使用可能な
クラウド上の連絡網やチャットサービスなどを導入しておくと便利です。まずは従業員の安否確認です。

すべての従業員の安否が確認され、出社することが出来れば一番なのですが、大災害の場合にはそれも難しくなるでしょう。従業員の安否を確認し、働くことのできる正確な人数を把握することは、それ以降の人員配置にも影響してきます。

東日本大震災においても証明されましたが、大災害時には電話回線よりも
インターネット回線の方がつながりやすいという傾向があります。

クラウド上に緊急時のワークスペースを確保しておけば、災害時にインターネット接続環境さえあれば、従業員の方から連絡を取ることが出来、安否確認が出来るようになります。

また、全従業員が同じ時期から出社できるとは限りませんし、交通網もどこから復旧するかは定かではありません。

そこで、クラウドサービスを利用することにより、災害時でも出来るだけ最良の人員配置、業務を行えるようになるのです。

これは企業を守ること、従業員の生活を守ることにつながる重要な防災システムなのです。