本文へスキップ

おすすめリスト一覧

津波の速度は自動車なみ、高さは10m以上にも


 津波から身を守るためには、とにかく早く高台などへ非難をすることが大切だ、というのはよく言われることです。

津波の速度は、経験した事のない方が思っている以上に速いものです。

水深が5000m以上の海域で地震が起きた場合は、その津波の速度はなんと時速800kmを超えジェット機に匹敵します。
堤防が決壊

このようなスピードではたとえ陸地から離れていてもあっという間に津波は到達してしまいます。これが陸地に近づいた水深500mほどだとしても、まだ速度は時速250kmもあり、これは新幹線並みです。

このようなスピードで津波が押し寄せてくる場合、陸地に到達しても勢いはとどまらず、
自動車並みのスピードで地面を駆け上がっていきます。

このような速度では津波が到達してから逃げていては、走って逃げることは困難で、自動車で逃げようにも渋滞が発生していればたちまち追いつかれてしまいます。

そして津波の怖さはスピードだけではありません。陸地に近づくにつれて高くなる波の高さです。日本の海岸線は直線的でなく、入り組んだ海岸線が多く存在します。そのような海岸では、津波は向きや方向性が大きく変わります。
10m以上の大きな壁として陸上を駆け上がることも珍しいものではありません。
おすすめ逃げ場高台

また、津波が駆け上がるのは陸だけではありません。海に流れ込んでいる
河川を溯上し、津波が内陸部まで到達することもあります。

そこで注意しなくてはならないのが、一緒に流れてくる建物や車両などの漂流物です。

津波の力はものすごく大きく、考えられないような重くて大きいものも軽々と運んでしまいます。この漂流物が被害をさらに拡大させ、押し波と引き波によって何度も被害をもたらすのです。

津波の情報は、気象庁や国際機関によりすぐに発表されます。国内の地震だけでなく、海外で起きた地震にも対応しています。津波が情報として発表された場合には、すぐに防災対策をとりましょう。

ですがもし、揺れが大きい地震が起きたときは、津波の情報の発表を待たず自らの判断で、すぐに高台へ避難しなくてはいけません。

より遠くへ逃げるのではなく。少しでも高いところへ避難しましょう。