本文へスキップ

おすすめリスト一覧

災害が頻発する今だからこそ心構えを変えよう


最近では鳥取地震も発生し短期的なスパンで地震や津波、大雨による水害被害などの災害が様々な地域で発生しています。そんな災害に備えるためにより防災についてよく理解し、いざという時のために万全の備えをしておくことが大切でしょう。

南海トラフ地震

このページでは、
防災の基本に焦点をあてて書いていきたいと思います。

持ち物として懐中電灯や非常食、貴重品、救急用具、ラジオなどはいざという時に持ち運べるように常備しておくと便利です。緊急事態に遭遇すると、咄嗟に頭が働かなくなる場合が珍しくないので、そういった場合には効果を発揮すると言えます。

また、地震発生直後には机などの下に潜る、津波や水害では高台に避難するといった身の安全を確保することがもちろん第一ですが、ここからはやっておくと便利な情報をお伝えします。

・浴槽に水を溜めておく
・飲み水を確保しておく
・カセットコンロを用意しておく
・寒い時期はホッカイロを用意しておく


といったことを心掛けておくと良いでしょう。

大きな地震の後には、水道・ガス・電機といったライフラインが安全のために止まることが多いので、これらのことも頭に入れておくといいでしょう。

浴槽の水は飲めなくても、水が止まった場合に
トイレを流す等に使うことが出来ます。
飲み水に関しても、水が止まった場合に備えるためです。

カセットコンロは料理をする、お湯を沸かすといった事が出来るのでとても重宝します。

イワタニ

アマゾンでカセットコンロをみる

楽天市場でカセットコンロをみる


ホッカイロはガスや電気が止まり暖房器具が使えない場合に、大変強い味方になります。
これを使うだけで、体感温度がだいぶ違うので上手に活用しましょう。

ですが、何と言っても一番大切なことは
「意識」です。以前、似たような状況にあったことがあるけれど大丈夫だったから、今回も大丈夫というような「慣れ」が自分の命を危険にさらすこともあるのです。

自分だけは大丈夫という根拠のない自信は捨てさりましょう。常に身の安全の確保に努めて下さい。そうすることで、逃げ遅れたり孤立するといった事態を未然に防ぐことが出来ます。

ひとりひとりがそれぞれ意識を高めることは、ひとりでも多くの命を守ることに繋がることになるのです。この記事を読んで、身近な人と防災についてぜひ話してみてください。