本文へスキップ

おすすめリスト一覧

身近な物を多めにストックし負担の少ない準備を


阪神淡路大震災や東日本大震災などを経て、防災というテーマが私たちの身近に感じられるようになりました。自然の驚異のもとでは、人の力はなんと小さなことか。こんなにも暮らしが安定しているのに、大災害のもとではいかにライフラインが断たれるかを身をもって知った人も多いのではないでしょうか。


今やお店に行っても防災グッズなどというものが数多く売られています。しかし、これらを準備したからといって決して安心なわけではありません。大災害時には、人によって欲しいものはそれぞれ違ってくるからです。

それでも、最低限のものは用意しておいた方がいいでしょう。例えば、飲料水・非常食・簡単な医薬品・懐中電灯・毛布などは必要不可欠のものです。これらに加えて、自分たちオリジナルの準備を進めておくといいでしょう。

ですがその中でも、特別に準備しなくても、
普段から少し多めにストックしておくとよいものもあります。

トイレットペーパーや紙類は災害時には不足します。いつも家で使うものですから、少し多めに準備しておくといいでしょう。

サランラップなども重宝します。普段は残り物の食品などを包むことに使用していますが、災害時には他のことでも多目的に使用できるので便利です。傷を負った場合の包帯や骨折時の三角巾代わりに、水が不足するので食器が洗えない場合はお皿にラップを敷き、その上に食べ物を置きます。防寒着が不足しているときなどは、体に巻き付けることによって保温性を保つことも出来ます。

粘着テープも用意しておくといい品です。これは、床などに散らばったガラス片や突起物を除去するのに使用できますし、避難所では自分たちの場所を確保し隣地との境界線を区切ることにも使えます。また、いろいろなものを張り出したり、直接テープに字を書き込んだりすることも出来ます。

このように、防災グッズに入っていないものでも、身近にあるものを工夫して使うことが災害時には要求されることなのです。

日本は東日本大震災後、全国地震が多発し、どこに暮らしていても準備は必要になりました。
日常生活をちょっと工夫することにより、大きな負担なく準備を進められればいいのではないでしょうか。