本文へスキップ

おすすめリスト一覧

大地震が起こったらどうする?


大地震が発生する時、いつ何処で何をしているかはわかりません。ここでは様々なシチュエーションでの行動ポイントを確認していきます。

家にいる時

ジャッキ

大きな揺れを感じたら

揺れを感じたら倒れる恐れのある家具などから離れ、頑丈な机やテーブルの下に隠れ、自分の身の安全をまず確保しましょう。トイレやお風呂にいる時は、強い揺れによりドアが開かなくなる恐れがありますので素早くドアを開けましょう。就寝中だったら枕で落下物から頭をまもりましょう。

キッチンにいる場合は食器棚からお皿やコップが飛び出してきたり、冷蔵庫が倒れてきたりと危険がいっぱいです。火を使用していてすぐに消せるなら消化し安全な場所へ移りましょう。外へ出る際は屋根瓦やガラスが落下してくる可能性もありますので注意しましょう。


揺れが落ち着いたら

すぐに火の始末をするのですが、大きく揺れている時にあわてて火を消そうとすると大やけどをしたり事故につながります。火が出た場合は落ち着いて初期消火をしましょう。その後ガスの元栓を閉め、コンセントを抜いてブレーカーを落としましょう。すぐに外へ出ない場合もドアや窓は開けて出口を確保しておきましょう。

パッキング
大地震の後はガス漏れを起こしている可能性もありますので、停電していても安易にロウソクなどに火をつけず細心の注意を払って使いましょう。また電気やガスが復旧した際にも器具が壊れていないかを確認してから使用しましょう。


外出中の大地震

卓上コンロ

電車に乗っている時


急ブレーキにより急停車する可能性がありますので吊革や手すりをしっかりと握りましょう。停車中に勝手に非常コックを開けて車外へ出たり窓から飛び降りるのは危険です。

路上にいる時

街中にいる時は窓ガラスや看板などの落下物に注意しながら、頭を保護し公園や駐車場などの広いスペースへ移りましょう。移動の際、垂れ下がった電線や自動販売機、倒れそうな電柱やブロック塀には近づかないようにしましょう。

デパートや映画館にいる時

カバンを持っていれば頭を保護し、照明やショーウィンドウ、陳列棚などの落下の危険があるものから離れ、店員の指示を聞いて落ち着いて行動しましょう。

車の運転中

ハザードを点け減速しましょう。この時、急ブレーキは厳禁です。車から降りて避難する場合は鍵をさしたままロックをせずに車検証を持ち出しましょう。

エレベーターの中にいる時

すべての階のボタンを押します。閉じ込められた場合も慌てずに壁を叩いて居場所を知らせましょう。

海や川にいる時

より遠くへ逃げるより、より高い場所へ逃げましょう。津波注意報が解除されるまでは忘れ物があっても戻らないようにしましょう。