本文へスキップ

おすすめリスト一覧

地震による火災の対処法


地震が発生したら、まず身の安全を確保しましょう。

かつては「地震が起きたら、すぐに火を消せ」が防災の常識でした。しかし、そうした常識は変わりつつあります。なぜなら、揺れの中、
無理に火を消そうとすると、逆に火傷やケガをしてしまう恐れがあるからです。

火を消そうと慌てたことや地震の揺れが原因で、鍋・やかんが転倒してしまい、高熱の油やお湯がかかり火傷してしまった事例が報告されています。


なので、地震が発生した場合、身の安全の確保を最優先し、揺れが収まってから火を消しましょう。ただし、揺れが小さく、無理せずに火が消せる状態なら、先に消火してもかまいません。

また、火が消えてもガス漏れしている可能性があります。
ガスの元栓も忘れず閉めましょう。自宅のコンロや家電に、耐震装置や自動消火機能などが付いているか確かめておきましょう。

最近のコンロや家電には、耐震装置や自動消火機能付きが増えています。これらの装置は、揺れを感知すると、自動で火を消してくれたり、ガスや電気を遮断してくれたりします。もちろん本当に火が消えているか確認する責任は自分にありますが、これらの装置が付いていれば、身の安全の確保にひとまず専念できます。

いざというとき落ち着いて行動できるように、耐震装置や自動消火機能が付いているか知っておくことが重要です。もし火災が発生してしまったら、消火器で初期消火を行います。



万一に備えて、キッチンなどの火災の起こりやすい場所に消火器を置いておくと安心できます。消火器のない場合は、ぬれた布をかぶせる方法が消火に効果的です。

個人にできるのは初期消火までです。大きな火災の場合は、
逃げることを最優先にしましょう。火災から逃げるときは、できるだけ低い姿勢で床をはうように進みます。火災の熱気や煙は、上のほうから充満していきます。

これを吸うと呼吸困難となり命を落とす危険があります。できるだけ姿勢を低くして逃げてください。