本文へスキップ

おすすめリスト一覧

あらためて基本をおさらい


東日本大震災、熊本地震などの影響で防災意識を高く持っている人が増えてきている昨今ですが、改めて地震に関する基本事項をまとめていきたいと思います。

まずは、
背の高い家具はしっかりと固定しておくということです。予想外の大きな地震が起こると、人間の想像を超えた力が働きます。その際に、背の高い家具が倒れてしまうと逃げ場を失ってしまいかねませんし、自分の上に倒れてきてしまうという恐れもあります。
死因は圧死

次に、地震に備えて
食べ物や飲み物を確保しておくということです。どのような状態になるかも分かりませんし、火や水を使わずに口に出来る物が最適でしょう。

水分は人間にとって最も大切ですので、多目に備蓄しておくと良いですね。水分がなければすぐに脱水症状になってしまいます。

そして、
外部の情報を知ることが出来るアイテムも準備しておきましょう。

どちらに逃げたら良いのか、どこが避難場所になっているのか、津波は襲ってくるのかなど、自分では判断することが出来ないことを知らせてくれますので、電気がなくても稼働するラジオなどを準備すると良いですね。暗闇に備えて懐中電灯などの機能が付属しているものの方が良いでしょう。

これは地域によって異なるのですが、
地域との繋がりを密にしておくことも大切です。

地震による不明者が出た場合など、地域の連係プレーがしっかりしていますと、早く捜索に乗り出して貰える可能性が高くなります。もし非常に忙しい毎日であったとしても、防災訓練や町内会議などが開かれるような場合には、積極的に参加しておいた方が安心です。近所同士で情報を交換しあったりすることも出来るようになります。

最後に、地震が起こった際の死因の多くに
「圧死」があります。

家がつぶれてしまっては、準備していた物も全く役に立たなくなってしまいますので、まずは家に押し潰されるのを避けることを最優先に考えてください。万が一、大切な荷物を家の中に忘れてきてしまったとしても、無闇に戻ったりしないことが大切です。